History沿革

1905明治38年

創業者奥野藤吉が奥野藤商店を設立

1922大正11年

奥野清六が同商店を継承し、奥野清商店として小分問屋を営業
日本で初めてベーキングパウダーを国産化

1926大正15年

大阪市城東区に工場を建設、初めて工業製品の製造販売に着手

1936昭和11年

個人商店より合資会社奥野清商店に改組、事業を継承

1940昭和15年

現在の第一工場を建設

1944昭和19年

株式会社を設立、奥野製薬工業株式会社と改組、資本金60万円で発足

1947昭和22年

陶磁器用絵の具の販売を始める

1949昭和24年

油脂性研磨剤の製造販売を始める

1951昭和26年

焼き付け用ガラス絵の具を開発、製造販売を始める
名古屋に営業所を開設(現名古屋支店)

1952昭和27年

資本金を150万円に増資
東京に営業所を開設(現東京支店)

1958昭和33年

めっき用光沢剤および関連商品の製造販売を始める

1964昭和39年

資本金を3000万円に増資

1968昭和43年

スポンジケーキ用起泡剤を開発、製造販売を始める

1972昭和47年

麺用品質改良剤を開発、製造販売を始める

1976昭和51年

精密加工用低融点ガラスの製造販売を始める

1978昭和53年

資本金を5000万円に増資

1979昭和54年

合弁会社奥野工程(香港)有限公司を香港に設立
資本金を7000万円に増資

1983昭和58年

旧本社より現社屋に移転

1984昭和59年

無機材料研究所完成

1986昭和61年

表面技術研究所完成

1997平成9年

奥野工程(香港)有限公司を100%出資にする

1998平成10年

食品研究所完成

1999平成11年

無機材料事務棟完成
放出第一工場、第二工場、第三工場を対象に、環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得

2001平成13年

本社および全ての工場、支店、営業所における開発、製造、販売、サービスなどの全事業活動を対象に環境マネジメント システムISO14001の認証を取得

2003平成15年

本社および全ての工場、支店、営業所における設計・開発・ 製造および販売を対象に品質マネジメントシステムISO9001:2000 の認証を取得

2005平成17年

創業100周年を迎え、百周年記念誌『想100年のあゆみ』発行

2006平成18年

第5工場(食品工場)完成

2007平成19年

奥野オーロメックス(タイランド)社設立

2008平成20年

奥野オーロメックス(ベトナム)社設立

2012平成24年

奥野(上海)化工科技有限公司を上海に設立
奥野韓国株式会社をソウルに設立
放出事務棟完成
奥野インターナショナル(USA)をアメリカのミシガンに設立

2013平成25年

奥野アジア(タイランド)をバンコクに設立

2015平成27年

奥野(EU) OFFICEをドイツに開設

2016平成28年

奥野タイランド(工場)を設立
総合技術研究所 新研究棟 西棟 東棟完成

2018平成30年

奥野 CBC R&D センターをインドに開所

2020令和2年

OKUNO-AUROMEX (THAILAND)CO., LTD.を Auromex Co.,Ltd.、OKUNO-AUROMEX (VIETNAM)CO.,LTD.を Auromex Vietnam Co.,Ltd.に社名を変更し代理店とした
放出物流センター完成
第五工場が、一般社団法人日本食品添加物協会より HACCP導入型食添GMPの認証を取得
台灣奧野股份有限公司を設立