TOTAL
PROCESS
トータルプロセスの
ご提案

クロム酸およびパラジウムからの脱却
プラスチックめっきプロセス トップゼクロムPLUSプロセス

従来のプラスチックは、環境や人体に有害なクロム酸および高価なパラジウムを使用するという課題がありました。また、生産性や管理面を考慮すると、処理工程は極力短縮化されることが望ましいといえます。 当社は、クロム酸および高価なパラジウムを使用することなく、高い密着性と良好なめっき析出性が得られ、かつ、処理工程を大幅に短縮することが可能な次世代プラスチックめっきプロセス「トップゼクロムPLUSプロセス」を開発しました。

クロム酸およびパラジウムからの脱却プラスチックめっきプロセス トップゼクロムPLUSプロセス

  • エッチング兼触媒付与製品名 トップゼクロムプラスET

    環境負荷物質であるクロム酸を用いないエッチング処理です。ABS樹脂をこの液に浸漬することで、プラスチック表面の粗化と銀触媒の付与を同時に行うことができます。

  • マンガン除去製品名 トップゼクロムプラスR

    表面に付着したマンガンを除去します。

  • 無電解ニッケル製品名 トップゼクロムプラスNI

    プラスチックには電気が流れませんので、無電解ニッケルめっきによってプラスチックの表面を導体化し、電気が流れるようにします。その後、銅/ニッケル/3価クロムめっきなどの装飾めっきを行います。