Food食品
事業紹介

食品部門の歴史

1922(大正11年)

日本で初めてベーキングパウダーを国産化

1968(昭和43年)

スポンジケーキ用起泡剤を開発、製造販売を開始

1973(昭和48年)

麺用品質改良剤を開発、製造販売を開始

1979(昭和54年)

麺用老化防止剤を開発、製造販売を開始

1980(昭和55年)

惣菜用日持向上剤「サラダキープ80」を開発、製造販売を開始
第三工場(食品工場)完成
過酸化水素の使用規制に伴い、麺用pH調整剤の製造販売を開始

1989(平成元年)

ポリリジン製剤の製造販売を開始

1992(平成4年)

食品工場のサニテーション製品事業に参入

1997(平成9年)

味覚改善タイプの日持向上剤「おかずの郷」を開発、製造販売を開始

1998(平成10年)

食品研究棟完成

2003(平成15年)

次亜塩素酸ナトリウムに代わる食品洗浄用製剤「ニューSPC」の製造販売を開始

2004(平成16年)

低臭化ビタミンB1製剤「トップサラダビタンシリーズ」の製造販売を開始

2007(平成19年)

たん白改質方法を新規開発、「プロフェクトシリーズ」の製造販売を開始
デリブレンド製法(制菌剤味覚改善技術)を新規開発、「トップキープデリシリーズ」の製造販売を開始
第五工場(食品工場)完成

2009(平成21年)

海外での生産を開始(中国)

2010(平成22年)

ミョウバンフリータイプのベーキングパウダー「トップふくらし粉シリーズ」を開発、製造販売を開始
売上げの一部を地球環境基金として環境保全活動の支援に役立てる制菌剤「エコセーブDLP」の製造販売を開始

2011(平成23年)

海外での生産を開始(タイ)

2012(平成24年)

デリ匠味製法(制菌剤風味改善技術)を新規開発、「トップキープデリ匠味シリーズ」の製造販売を開始

2013(平成25年)

減塩素材「ぽたしおOD」の製造販売を開始

2016(平成28年)

総合技術研究所完成
焙煎米糠エキス「デオライスパウダー」の製造販売を開始

2017(平成29年)

調理麺のほぐれ性を向上する「パラレルきわみ」の製造販売を開始

2018(平成30年)

デリ雪華製法(制菌剤味覚改善技術)を新規開発、「トップキープデリ雪華シリーズ」の製造販売を開始

2020(令和2年)

第五工場が一般社団法人 日本食品添加物協会よりHACCP導入型食添GMPの認証を取得

2020(令和2年)

日持ち向上・風味改善効果に優れた調味酢「トップNフィットVP」の製造販売を開始

戻る